児童虐待の専門職が 心理学や統計学を語るブログ

心理学や、心理学研究における統計解析の話など

対数変換や正則化などについて

ゴリゴリ文系の自分が統計の勉強をしていて(^q^)となった概念シリーズ。

勉強のためにまとめたもの。

 

・対数変換

連続値を対象にしたモデルの多くは正規分布を仮定しています。ですが、現実のデータが正確に正規分布している場合はほとんどありません。

だけど、データを一般化するためには無理やりにでも正規分布に近似させたい。そんなときに用いるのが「対数変換」です。

もし、元のデータが対数正規分布に従っているならば、対数変換後のデータは正規分布に従います。

引用:対数変換ではデータの分布が変化します。対数変換の効果が大きいのは偏りがある数値データです。対数変換には次の特徴があります。特徴量のスケールが大きい時はその範囲を縮小し、小さい時は拡大します。これにより、裾の長い分布を押しつぶしたように山のある分布に近づけることができます。また分散が大きなデータでは平均値が大きいほど等分散となりやすい傾向にあります(https://uribo.github.io/practical-ds/02/numeric.html)

 

・目的関数の最小化

目的関数がパラメータについて簡単な式で書ける場合

モデルに含まれるパラメータをまとえてθとすると、データとモデルが与えられた時の目的関数は、θだけの関数としてL(θ)と書かれます。これが最小になるための必要条件は、数学的に

∂L/∂θ=0

とパラメータによる微分が0になることです。こうして出てきたパラメータの値の組が1つであればそれを採用し、複数出た場合は最終的な目的関数の値が最小のものを選択します(選ばれなかったものは局所最適解となります)。

 

正則化

過学習という概念があります。モデルとデータを合わせすぎてしまい、本質的なデータ生成規則とかけ離れたモデルを推定してしまうことです。データを信用しつつもそこに合わせすぎないことが大切となります。

ウチの清水和秋教授も言ってましたが(確か因子分析の回転の話の時)、データについての理論に沿った回転を行うべきであって、結論に合わせるための回転はいけない、と。それと同じベクトルの話ですね。

そこで過学習を防ぐ方法の1つに「正則化」があります。正則化の考え方としては、パラメータの値や数を減らして複雑でないモデルを選択しやすくするというものです。これは目的関数にパラメータの「値の大きさ」である||θ||を足して

L(θ)+λ||θ|| 

を最小化するというものです(λは適当な定数)。これにより、パラメータ値が小さいものが選ばれやすくなります

また、||θ||の値の大きさの定義は、例えばL2ノルム正則化という方法があります。モデルに含まれるすべてのパラメータを二乗して足して計算するそうです。

||θ||=Σiθ2i

 

本エントリの目的関数の最小化と正則化の内容の大部分は「データ分析のための数理モデル入門(江崎貴裕)」を参考にしました。江崎先生は自分よりも年下なのにすごい。

人はなぜ人を攻撃するのか―被虐待児の攻撃性について心理学的に分かっていること+α

人はどうして人を攻撃するんでしょうか。

~~少年S君(4歳)は、父からの身体的虐待で一時保護されています。父母の口論を毎晩見続け、父から母への暴力が毎週のように発生していたのも見ていました。耐えかねた母が浮気相手の男を連れて失踪。父子生活となったのがS君が3歳になったばかりの時。でも父は、言うことを聞かないS君を度々暴力によってしつけるようになります。暴言を吐き、S君が言うとりに行動しないとお腹や頭を強く殴ります。保育園の先生が、わき腹に数センチの青あざを発見し、一時保護に至りました。保育園での様子も保護所での様子も同様に、玩具の取り合いで相手を殴る・やりたくないことがあると叫んだり相手をたたいたりして、自己の欲求を押し通そうとする傾向が強いというものです。父は「ウチの子は発達障害だから」と言うが、ADHDやASDの診断基準には当てはまらず、単に“手がかかり、言うことをすぐきかず、言葉じゃなくて衝動的に手が出る”というものでした。~~

児童相談所で勤務していると、虐待を受けた子どもは他と比較すると明らかに攻撃行動が顕著です。
しかしそれは当然、その子どもの性格的な問題ではありません。虐待の影響により、他者を攻撃せざるを得ない状態になってしまっているのです。
しかし、それはいったいどういう理屈からなのでしょう。

自分が一応想定していたメカニズムとして、①虐待による歪んだ対人認知・内的作業モデル、②扁桃体の不安恐怖に対する反応としての攻撃行動の2点を主に用いた説明を行っていました。簡単に言うと、虐待によって些細な言動を否定的(自己への攻撃・非難など)にとらえ、その否定的な言動から自分を守る反応として扁桃体機能として攻撃行動を生起させた、というものです。その中で、言語化による意思疎通不足から情緒的交流欠如があり、③言語化による欲求不満解消が困難、と繋がっていったという見立てを立てることも度々ありますが、あくまで子どもの能力的側面でなく大人の情緒的交流欠如という環境的側面によるもの、という考えからです。
ただ、ちょっとシンプルすぎる説明ですし、本当にこれだけで正確に説明できているのか不安はあります。もっと言うと、攻撃行動の基盤は扁桃体だけでなく視床下部にもあるため、上記のメカニズムは十分ではないんだろうなと感じています。
なので、今回は心理学的な理論などもさらっと概説しながら、もうちょっと攻撃性・攻撃行動について深堀りしていければいいなと思います。
でも勉強していると、攻撃性・攻撃行動についての論文ってめっちゃ少ない…。実験デザインの難しさからなんでしょうかね。

まず、怒りの定義を整理します。
怒りとは、外的な脅威に対する防衛反応といえる情動であり、典型的には、他者から与えらえた痛みや苦痛が、敵意的な意図に基づくものだと認識した際に生じる(Shiota & Karat,2012)、とされています。不安や恐怖と同様に、怒り情動には闘争―逃走反応と呼ばれる、一連の生理的覚醒状態が伴います。

攻撃行動の定型
まず攻撃行動は「反応的攻撃」と「道具的攻撃」に区別できるとされています。
反応的攻撃:敵意的攻撃と呼ばれ、外的な刺激に対する怒りによって誘発される攻撃行動。交感神経系が興奮し、心拍数上昇、立毛や発汗、発声などがみられる。
道具的攻撃:能動的攻撃と呼ばれ、何らかの目標を達成するための手段として用いられる攻撃行動で、必ずしも怒りや交感神経系の興奮の特徴を伴わないとされる。

攻撃行動の原因について、いくつか心理学的な理論が提唱されています。
攻撃行動の原因としては内的衝動説、情動発散説、社会的機能説の三つの系統が考えられています。
内的衝動説:人間には内的な攻撃の本能(衝動)が備わっており、それが表面化したのが攻撃行動であるとする考え方です。精神分析学者のフロイトや動物行動学者のローレンツがこの立場を採っています。
情動発散説:不快な感情を解消するために攻撃行動を起こすという考え方です。ダラードは欲求不満が常に何らかの攻撃行動をもたらすと論じており、またバーコヴィッツは欲求不満に加えて攻撃行動のきっかけによって初めて起こると論じています。
社会的機能説:さまざまな対立や利害衝突などの社会的葛藤を解決するために攻撃行動が機能しているという考え方です。攻撃の社会的機能としては強制・制裁、防衛、威嚇などの機能が挙げられます。
自分が仕事をするうえでは、元々情動発散説をベースに持っており、社会的機能を誤学習して攻撃行動に至った、という考え方を用いています。

以下、いくつかの基本的知見についてまとめます。
・怒りの抑制
認知的再評価群/抑制群/アクセプタンス群 の3群の比較では、怒りのきっかけとなった出来事や他者について様々な観点から認知的に再評価することが、怒りを低減するために役立つことが示されています。また、感情が過小ないし過大に制御されると、攻撃性の可能性が高くなることが示されています。

・攻撃行動と脳etc
視床下部:系統発生的には古い脳領域であり、摂食行動、性行動、攻撃行動、睡眠といった本能行動の中枢です。視床下部への電気刺激は攻撃行動を引き起こします。
扁桃体:攻撃性に深く関与しており、例えばハムスターの扁桃体への刺激は強い攻撃行動を引き起こしますし、扁桃体の容積と攻撃性に負の相関が示された知見もあります。また、IED(間欠性爆発性障害)患者では怒りを表す顔に対して扁桃体の反応性が亢進し、OFC(眼窩前頭皮質)の活性化が低下し、攻撃的な被験者は怒った顔に対する反応において扁桃体とOFCの結合を示すことができない等、衝動的な攻撃的行動の既往歴を持つ個人において、怒った顔の処理に対する扁桃体-OFC機能不全が示されています。
視床下部腹内側核 (ventromedial hypothalamic nucleus; VMH)については、視床下部腹内側の刺激で防御的威嚇行動が、その背外側で逃走行動が生じることが示されています。
テストステロン:分泌が増加する思春期から攻撃行動が増加するとされています。また、成体雄の精巣を除去すると攻撃行動が低下し、そこにテストステロンを投与することで攻撃行動が回復することから、テストステロンが攻撃行動の出現に必須であることが示されています。
セロトニン(5-HTT):衝動攻撃性人格障害患者の左ACC(前帯状回)における5-HTT結合の低下が示されています。他にも、コルチゾールも攻撃性に関与しているという知見が得られていますが詳細については不明な点が多いです。

日本の論文で、いくつかのユニークな知見もあります。
かつおだしが攻撃行動を低下させる仕組み」では、マウスを用いた実験において, 1) かつおだしを長期摂取させると攻撃行動が低下すること,2)かつおだしの作用に脳内のパルプアルプミン陽性神経密度の増加が関与すること, 3) これらの作用に迷走神経を介する情報は関与しないこと,が示唆されました。「Behavioral and functional connectivity basis for peer-influenced bystander participation in bullying (Takami・haruno, 2018)」では、攻撃に加担する要因として、他者への同調だけが有意な効果を持ちました。また攻撃への同調の程度は、その人の社会的不安傾向に相関し、他者の感情を感じる度合いである共感性とは相関しないことを見いだしました。人が攻撃に加担する程度と、その人の社会的不安、および扁桃体と側頭・頭頂接合部の結合強度と相関することを示しました。今回の結果から、不安を減らすことで攻撃行動を減らせる可能性が示唆されると結論付けられています。また「大学生の対人恐怖心性と攻撃性の関連について(太宰・佐野,2012)」では、「対人恐怖心性尺度」における、他者の目が気になる悩み因子,社会的場面で当惑する悩み因子,集団に溶け込めない悩み因子の 3因子は攻撃性の全ての側面と関連していました。この3つの恐怖は最終的に攻撃性へとつながっているようです。
まとめると、不安や恐怖が攻撃性に加担している様子でした。攻撃行動の低下には、かつおのおだしを摂取するのが良いですが、日本人が穏やかなのと(主観)関係があるんでしょうかね。


上述から検討すると、
さすがに伝達物質を考慮することは困難ですが、
・虐待により傷つけられた対人表象・内的作業モデルがベースにあり、扁桃体-OFC機能不全による他者の怒り表情処理の失敗(内的作業モデルの傷付きでも表情認知の歪みが指摘されています)と、他者の言動を被害的に歪んで捉えることが重なることで、不安や恐怖が一層喚起され、不安や恐怖から自己を守る機能として又はフラストレーションの解消として、恐らく親から誤学習した暴力等の攻撃行動を発現させる
…そんな流れがあるのではないでしょうか。
この範囲なら攻撃行動についてのモデルとしてオーバーフィッティングはしていないんじゃないかなぁ、とか思ったり。なので今後はこれをベースに改良を加えつつ、攻撃行動を表している子どもを個別化してアセスメントしたいなと思います。

モーメント母関数と分布の再生性

ゴリゴリ文系の自分が統計の勉強をしていて(^q^)となった概念シリーズ。

勉強のためにまとめたもの。

 

・モーメント母関数について

 

その分布の特徴を数値化する工夫として、モーメントというものがあります。

モーメントは積率ともいわれ、分布の平均値やSD、歪度や尖度を数値化するものです。

その概念を使用したモーメント母関数(積率母関数)というものがあります。母関数とは、何かを生み出す関数というニュアンスで、モーメント母関数=モーメントを生み出す関数=モーメント母関数に一定の操作を施すとモーメントが算出される、というものです。

統計学を学んでいると出てくる用語で、確率分布の性質を導くうえで便利なものです。

 

モーメント母関数を用いる際には、確率変数 X に対して,

f:id:romancingsame:20200506140807g:plain

が存在するとき、これをtの関数とみてモーメント母関数(積率母関数)と定義します。

例えば、

幾何分布

f:id:romancingsame:20200506140917g:plain

に従う確率変数Xの期待値を求めるとします。計算の便宜上、(1-p)→qとします。

幾何分布のモーメント母関数は

f:id:romancingsame:20200506140842g:plain

となります。

このモーメント母関数を利用しやすい形にするために、f:id:romancingsame:20200506140807g:plainについてM(t)をtで微分します。↓

M(r) (t)=E(Xretx)  となります。ここでt=0とおけば

M(r)(0)=E(Xr)   となります。

よってこの期待値はM(1) =1/pとなりました(途中計算省)。

 

 

・分布の再生性について

例えば、「互いに独立に正規分布に従う確率変数の和」が従う分布は常に正規分布になります。なので、正規分布は再生性をもつということになります。

確率変数X,Yが互いに独立にそれぞれ正規分布N(μ1,σ1),N(μ2,σ2)に従う場合、X+Yが従う分布のモーメント母関数は(途中計算省略)、正規分布N(μ1+μ2,σ1+σ2)のモーメント母関数になる。したがってX+Yが正規分布に従うこと、すなわち正規分布は再生性を持つということになります。

脱抑制対人関係障害(脱抑制型対人交流障害)という児童虐待の影響

児童虐待と関りの深い、脱抑制対人関係障害(=脱抑制型対人交流障害)。

英語表記はdisinhibited social engagement disorder(DSED)です。

この障害、一時保護所なんかでは“誰にでも愛想がいい”という特徴のために「愛着に問題あるね~」なんて言われがちだったりします。

まだまだ全世界で研究対象とされることの少ないこの障害はどんなものなのでしょうか。

 

DSM-5の診断基準を抜粋すると以下のようになります。

・診断基準A :①見慣れない大人に対してもためらわず交流する②過度に馴れ馴れしい言葉遣い、身体的行動をする(年齢から逸脱するレベルでの)③不慣れな状況において、養育者が見えなくても平気④見慣れない大人についていこうとする

・診断基準B :①安心したり、愛情を持って養育者と関わることがなかった(社会的ネグレクト、または剥奪)②養育者が頻繁に変わる環境だった(例えば、里親による養育の頻繁な交代)③特定の人間と愛着を築きにくい環境にいた(例えば、子どもの数に対して職員の数が足りていない施設等) 

・上記の条件に加えて、少なくとも子どもは9ヶ月以上の年齢で、また注意欠如・多動症の衝動性(AD/HD)によるものではない

 

DSM-5で概念化されるまでは、反応性愛着障害の2タイプのうちの1つ、脱抑制型反応性愛着障害と言われていました。

しかし、この反応性愛着障害とは質的に異なるとして、別の診断名としてカテゴライズされたものになります。現在、先の2つの反応性愛着障害は、反応性アタッチメント障害(RAD)とDSEDとなっています。

 

Stine Lehmann他, 2015, Reactive Attachment Disorder and Disinhibited Social Engagement Disorder in School-Aged Foster Children - A Confirmatory Approach to Dimensional Measures. を参照すると、RAD因子とDSED因子の相関が.60なので2つは近い概念である可能性が感じられますが、DSEDスケールはかなり正規分布である一方RADスケールは明確に歪んでいたことから、質的に異なる概念であることが分かります。

 

ADHDとの鑑別が問題にあるケースがあります。

本障害児では注意集中の困難さや多動は示さない、とあります(「標準精神医学(医学書院)」より)。重篤なネグレクトにより内的な枠が脆弱なため、一見すると多動だったり注意散漫に見えることはあります。

ASDとの鑑別が問題になるケースもあります。こちらは、愛着や内的作業モデルの形成不全のため、共感性に課題がある場合などが考えられています。内的作業モデルは、愛着対象の内在化されたイメージが中心となり、内在化のプロセスにおいて愛着対象の感情や認知も合わせて子供の認知に組み込まれていきます。上述の内在化された愛着対象の感情や認知が、子どもの他者への共感性の基礎になると考えられています。愛着対象が内在化し、その対象像がある程度の自立性を備えることによって、ある事象を自分自身の視点のみでなく、愛着対象の視点で評価することが可能になります。これが他者視点獲得の萌芽です。つまり、

虐待やネグレクトなどにより愛着と内的作業モデル形成不全

⇒共感性の発達に不全を生じた子供が自閉症スペクトラムと誤診を受ける

という流れになります。

「DSED」によるものか、「ネグレクト(虐待)の影響」によるもの(行動様式や枠など)かは、適宜鑑別していく必要はあると思います。いやまぁ、DSEDそれ自体がネグレクトの影響ではあるので、表現が難しいところではありますが…。

ちなみに、ネグレクトが2歳以後の場合に本障害が発言するという報告は今のところないっぽいです。「愛着と愛着障害(北大路書房)」には、遅くとも3歳までに選択的愛着を形成する機会がない状態が続くと、見知らない人への警戒心を発達させるための生物学的に決定されている敏感期(あるいは臨界期)を逃してしまうかもしれません、とあります(要出典)。

 

DSEDが対象となった研究がほっとんどないため、当然治療エビデンスなどの蓄積もありません。養育的治療をやり、学習的に身につけさせていく手段はまぁ良しとして、そもそも安全基地の欠如から適切な内的作業モデル構築ができず、他者への警戒心を育むことができずに定着したDSEDに対して、認知行動的な治療なんかあるんでしょうかね。

ちなみに薬物療法エビデンスもありません。

やはり、業界用語で「育てなおし」という、要は適切な養育環境で適切な関係性や社会的枠組みを学習していくこと以外に、今のところ良さそうな方法はないのかもしれません。

 

 

DSEDがどのように獲得されてしまうんでしょうか。

実はDSEDが、というのは難しいですが、ネグレクトにより愛着が適切に育まれなかったケースを想定してみようと思います。

 

乳児は原始的に恐怖という感情を備えています。動物全般がそうであるのと同じです。

乳児は泣きます。何かしらの不快がある際にとる行動です。泣くということは愛着行動と呼ばれ、愛着対象が抱っこなどによって不快を低減してくれた際に泣きは終息します。そして、最初は人物の弁別ができなかった乳児が、「こいつ良いやつだな」と弁別できるようになります。ボウルビーが用いた用語を使用するなら、愛着対象に対して特殊性が付与された、ということです。

 

脳神経学的な説明もある程度可能です。情動の調節をもとに考えてみたいと思います。

情動調節は、苦痛と快楽への反応として乳児期に始まります。6~12か月の間に前頭前野から扁桃体、海馬への神経路が発達し、馴染んだ人(本来の愛着対象)とそうでない人を区別したり、馴染みのない対象(新奇性)へ恐怖を感じるようになります。その際、乳児がマイルドで短い恐怖のエピソードに対処することを繰り返し成功していけば、自己の調節は強化されていきます。

しかし、虐待等が持続⇒新奇性への恐怖を緩和調節する方法が学習困難⇒新奇性は持続的でどうにもできない存在、と誤認知する流れが形成されてしまいます。ネグレクトの継続は、本来の愛着対象への区別ができず本来の愛着多少への特殊性が付与されないまま、自己の調整も強化されず、新奇性への対処可能性が認められないまま(愛着対象とそうでない対象が未区別のまま)成長することに繋がってしまいます。

 

まとめますと、①不快を感じた際に泣きという愛着行動を用いる、②愛着対象が不快を低減してくれる、③愛着対象に特殊性が付与され、他者を弁別可能になる、という流れで“特定の”対象への愛着が育まれていきます。

この、①が発生した後に②が起こらなければ③に至らず、無差別な他者への愛着行動に繋がるリスクがありますし(DSED)、(話がDSEDから反れますが)①に対して無視(ネグレクト)や攻撃(心理・身体的虐待)が予測されるまでに学習が続いてしまった際には、強化理論的に①そのものが消失し、結果的には養育者に対する一貫した抑制的で、情緒的にひきこもった行動のパターン(RADの診断基準)に繋がるリスクがあることが想定されます。

 

一般化するためにシンプルに書きましたが、DSEDについてのエビデンス自体はほぼほぼ積みあがっていない現状があります。児童相談所の現場の心理さんをはじめとした方々が、研究活動によってエビデンスを積み上げてくださることを期待したいです。

内的作業モデル(IWM)について分かっていること+アセスメントへの応用

内的作業モデル(IWM)は,以前のエントリーでも触れました。虐待の世界ではよく用いられる概念ですね。

 

定義的なものを改めて説明すると,ボウルビィが提唱した,乳幼児期の親子関係の中で形成される対人表象についてのモデルです。

私は〇〇したら~~してもらえる,××な時は~~ってなる,の積み重ねで,単純には対人関係の応答についての基本的なモデルみたいなイメージでいいと思います,という風に説明しました。

今回は,そのIWMについて今現在分かっていることを紹介し,最終的にIWMの概念を簡単に統合できればと思います。

 

突然ですが,私の隣の席のお姉さんが,担当児童と話していました。後でお姉さんが私に言いました。「さっきの子,自分が敏感すぎて病気なんじゃないかって言っている。人の視線とか表情とか,いろんな人のことに敏感で,いつもつらいだそうな。」

私は言いました。それってIWMで説明ができるかもしれないと。その子の成育歴を簡単に教えてください,と。

聞くところによると,身体的虐待が継続していた家庭で育ち,児童養護施設へ入所。退所してからは次々と恋人を乗り換えるが,どれも異性に恵まれず傷付き体験が重なる一方だとか。

「人の目とか言動に敏感になりすぎてしまうのに,人を見る目がないんだってさ」「これって心理さんから見たらどうなの?」

 

 

以下,先行研究を参照しながら考えてみたいと思います。

愛着の内的作業モデルが対人情報処理に及ぼす影響(島 義弘,2010)では対人関係に関連した用語の処理について,以下のように言及があります。

対人関係関連語において“反応のずれ”は“回避”からの有意な影響を受けていた。

対人関係関連語の“反応のずれ”は“不安”と“回避”の交互作用の影響も受けていた。これらの効果は“不安”と“回避”の双方が高い場合に最も顕著であった。

このことから,対人関係に関連した情報の処理は愛着の内的作業モデル,特に“回避”の影響を受けることが示唆された。

 

「内的作業モデルが表情刺激の情動認知に与える影響(島 義弘, 福井 義一, 金政 祐司, 野村 理朗, 武儀山 珠実, 鈴木 直人,2012)では,ネガティブな表情に対する認知について以下のように言及があります。

①その表情とは異なるネガティブな情動の存在を認知,②“表情とは一致しない情動がないこと”の認知に時間を要する+真顔や快表情に対しても“ネガティブ情動がないこと”の認知に時間を要する

⇒“回避”の高い人がこれらの表情にネガティブな情動を読み取ってしまうことに起因

=回避の高い人:意識レベルでの情報処理の抑制+無意識下での脅威情報の処理の亢進,という特徴の反映,などが考えられました。

 

「被虐待経験と内的作業モデルが表情の誤検出量に及ぼす影響(松尾和弥,2018:学会発表の抄録集より)」の中では以下について言及されています。

例えば先行研究からは,虐待を受けた人々は,そうでない人々と比べ,他者の否定的な表情に注意を向けやすく,曖昧な表情を「怒り」と認識しやすい傾向があり,このような対人情報処理の歪みは,被虐待経験の不安増悪効果を高めることが報告されています。

そしてこの研究では,被虐待経験の有意な影響は認められなかったのに対して,IWMの関係不安が高いほど,喜び・悲しみ・怒りの各表情における誤検出量が多かったことが示されています。これは関係不安によって他者の情動に対する過剰な注目が生じたものと解釈できる,とされています。

 

また,「潜在的な愛着の内的作業モデルと情報処理の関連(藤井 勉, 上淵 寿, 山田 琴乃, 斎藤 将大, 伊藤 恵里子, 利根川 明子, 上淵 真理江,2015)」では以下について言及されています。

内的作業モデル(IWM)は「自己モデル(自分は他者から受容される存在かどうか)」「愛着対象モデル(他者からどのような応答が期待できるか,他者は信頼できる存在かどうか)」の2つに分かれています。

形成されたIWMは,感情の経験・表出・抑制のみならず,愛着と関連する情緒的・感情的に重要な情報の処理方法といった事柄にも影響を与えます。IWMが選択的フィルタとして働くことにより,自動的にある種の情報に選択的に注意を向け解釈・評価を行い,その結果,注意の拡散を避け,情報処理の効率性や安定性の向上につながっています。

この研究の中では,潜在的親密性回避傾向は愛着に関連する情報処理に対して抑制的に働くことが示されています。親密性回避が高い場合,①愛着関連の情報への意識的なアクセスが困難になる,②愛着関連ネガティブ語への反応が促進される,といったことが起こりうるようです。

 

「Disinhibited reactive attachment disorder symptoms impair social judgements from faces.(Miellet S, Caldara R, Gillberg C, Raju M, Minnis H,2014)」では、IWMとは異なりますが、脱抑制反応性愛着障害(dRAD:今でいう脱抑制型対人交流障害)の表情認知について言及があります。一般的な子供は、提示された顔魅力とその顔について信頼性があるかどうかについて判断する課題の間に強い相関関係を示した。一方dRADグループは、合意が少なく、信頼性と魅力度の判断の間に有意な相関関係が見られませんでした。

 

ここまでの情報で,お隣のお姉さんの担当児童のことをIWM的に考えてみましょう。

・身体的虐待の連続→他者は自分に危害を加えてくる+他者が守ってくれない感覚

があると,「恐怖心や自尊心低下から自分を守るため」の機制を働かせて,対人場面において回避傾向が身につくことはある程度想定できます。そこで,何でもない表情に対しても,その表情とは異なるネガティブな情動の存在を認知してしまい,しんどくなるとか。これは別に敏感というか,一般的な言い方をすれば「考えすぎ」ってやつなんですが,本人からしたら必要以上に読み取ってしまう敏感さと感じてしまうんだろうなと思います。

また「考えすぎ」ではなかったとしたら,虐待を受けた人々は,そうでない人々と比べ,他者の否定的な表情に注意を向けやすく,曖昧な表情を「怒り」と認識しやすい傾向があり,このような対人情報処理の歪みは,被虐待経験の不安増悪効果を高める,という先行研究の通りの可能性も考えられます。ちょっとした相手のネガティブなニュアンスに敏感に注意を向け,「怒り」のような被害的な認知を受けて不安憎悪に繋がる,みたいな。

 

また回避傾向でなく,関係不安の高いパターンについても検討できます。

関係不安によって他者の情動に対する過剰な注目が生じた結果,表情についてネガティブな誤検出に至るという先行研究があります。不安だから気にしすぎた結果,ネガティブな意図を誤検出してしんどくなる,という具合です。

 

そして、本件は身体的虐待ケースであり、脱抑制型対人交流障害はネグレクト状況下で生じやすい状況ではあるので以下が言えるかは微妙なとこですが、他者の外見で信頼度の判断が難しくて「見る目がない」状態が続いてしまっている可能性もまぁなくはないんじゃないかなと思いました。

 

いずれにせよ,幼少期からの虐待によるIWMの傷付き(っていう表現していいのかな)によって,他者の表情などに敏感になり,ネガティブな誤検出のために被害的認知で不安憎悪等に繋がり,しんどくなる。これを個人の感覚で「人に敏感すぎてしんどい」という表現に置き換わったのではないかと思われました。

こんなことを説明したら,お姉さんもケースワークの結構な専門的な話が広がっていって,いつか心理とワーカーで組んで仕事したいね,と言われる流れに。

「いつか組みたいね」と言われるのは,心理司の仕事ぶりの酷さ(他者評)から極めて心理司の評価の低い(心理司不要論をよく聞く)この業界において,本当に嬉しいことだったりします。

そしてこの,「努力の成果を共有するといいリアクションをもらえる」という安心感は,自分が幼少期に培ったIWMに他ならないのかもしれません。

comm.arch.のHand Framed Knitted CD(すごいショールカラーカーディガン)

f:id:romancingsame:20200116202638j:plain

コムアーチのショールカラーカーディガン。

横浜仲町台のEuphonicaさまで購入。

試着して即気絶。これはいけないと思いました。着たまま店内をウロウロして、それはもうウザイ客だったと思います(店主様ごめんなさい)。

東北地方にて昔ながらの手横編み機のみでニット製造を行うニッターさんの手で丁寧に編み立てられて作られたものだとか。

襟部分の返りが柔らかく立体的で、首元を優しく包んでくれる。

羽織るとずっしり重さを感じるものの、不思議と負担感はなく、休日のジャケット代わりに愛用。

あとカーディガンとは思えない威圧感とオーラがある。

 

一流のニットデザイナーと一流の職人が作り上げた逸品。

良いものには全て根拠があるのだ。

袖を通し羽織るたびに気絶し、そう思わせてくれる。

 

 

 

虐待を受けた子どもは脳の機能が低下する

昨今有名な話ではありますが、虐待によって子どもの脳は変形します。

https://toyokeizai.net/articles/-/189445

 

脳が変形するということは、本来有している脳の機能がうまく発揮できず、本来できるはずのことができなくなるなど、様々な困難が生じてしまうということです。

以下、虐待と脳についての分野で研究を続けられている友田明美先生のコメント(抜粋)です。

虐待やネグレクト(育児放棄)などの不適切な養育は愛着障害を引き起こします。

日常的に養育者が子どもに暴言虐待や長期的な厳格体罰を与える、そうすると不安定な愛着が形成されてしまいます。

養育者が戻って来たときも同様で、子どもは喜びもしないどころか、そっぽを向いたままです。このように不適切な養育が引き起こす愛着障害は、こころの発達に問題を抱え、さまざまな症状を表します。

症状が内向きに出ると、他人に対して無関心になったり、用心深くなったり、イライラしやすくなったりして、他人との安定した関係が築けません。症状が外向きに出ると、多動で落ち着きがなくなったり、友達とのトラブルが多くけんかが絶えません。また、礼儀知らずとなり、対人関係に支障をきたしてしまいます。実は、虐待などが原因で、社会的養護を受けている子どもたちの40パーセントに愛着障害が発症することがわかってきました。

幼児期に虐待ストレスを受け続けると、脳の中にある感情の中枢である扁桃体(へんとうたい)が異常に興奮し、副腎皮質にストレスホルモンを出すよう指令を出すのです。

そうするとストレスホルモンが過剰に放出され、脳にダメージを与えるのです。

アメリカのハーバード大学との共同研究でわかってきたことは、感情をつかさどる前頭葉が小さくなって、自分のコントロールができなくなり、凶暴になったり、集中力が低下したりします。暴言虐待により聴覚野が変形し、聴こえや会話、コミュニケーションがうまくできなくなったりします。両親間のDV・家庭内暴力を目撃すると視覚野が小さくなり、他人の表情が分かりにくくなり、対人関係がうまくいかなくなったりします。脳の形が変わるのは、「外部からのストレスに耐えられるように情報量を減らす」ための脳の防衛反応だと考えられています。

http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/400/264452.html

 

このように、様々な脳部位に影響を及ぼすのが虐待です。友田先生の研究では他に、脳の感受性期の関係で、被虐待の時期によりダメージを負う脳部位が異なることも示されています。

 

Executive function performance and trauma exposure in a community sample of children, Anne P.DePrincea.etでは、虐待と、ワーキングメモリ、抑制、聴覚注意、および処理速度タスクで構成される実行機能のパフォーマンス低下との関連が示されています。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0145213409000969

 

Cognitive impairment in school-aged children with early trauma,JoanaBücker.etでは、wiscの数唱の短さ(ワーキングメモリの下位検査)が指摘されています。

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0010440X11002392

 

一方で、こちらでは言語理解と処理速度が比較群より低く、知覚推理とWMは同レベルという結果が出ています(COGNITIVE ABILITIES OF MALTREATED CHILDREN

,Kathleen D. Viezel  Benjamin D. Freer  Ari Lowell  Jenean A. Castillo)。

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/pits.21809

 

いずれにせよ、虐待により認知機能の低下は避けられず、虐待の内容や被虐待年齢等により脳の器質的変化が多様であるという友田先生の有名な研究より、認知機能の変化も多様ということになるのかもしれません。

 

 

今更なんでこんな話題をっていうと、

とあるツイートで興味深いものを拝見したからでした。

https://twitter.com/tsuyomiyakawa/status/1217400388724248576

脳トレ的な認知機能トレーニングに関する多数の研究&メタ解析の結果、その種のものには一般的認知機能を向上させる効果はほぼ認められないというものでした。

その後のツイートの中で、発達障害も含め、各種の脳の疾患においての一般的な認知機能に対する認知機能トレーニングの効果は、この総説では検証されていないと続けられています。

 

虐待により脳に直接与えられたダメージを回復するには、こういった認知機能を回復させる認知機能トレーニングが有効じゃないかと感じており、高次脳機能障害者への認知機能トレによるエビデンスを参考にしていたところでしたので、

一瞬この研究にはびびりましたが、後半のコメントによりまだ可能性が残されていると思い少し安心。

 

現状から機能向上は難しくても、本来有している機能が損なわれている状態から元の状態に回復する。そういうイメージであれば、認知機能トレーニングが有効であればいいなと思いますし、

偉い人がここらへんを検証して、児童虐待によるダメージから回復するエビデンスが構築されていくと児童虐待の世界は飛躍的に進歩するのになぁ、と思います。

ここらの認知機能が改善したら、情動ラベリングや行動の心理的意味の言語化とか、前頭葉機能を用いる被虐待により歪んだ認知改善もスムーズになるんですが、それはまた別のお話。